★甲信越の地ビール(クラフトビール)醸造所記事一覧

【日本の地ビールが世界のビールへ】地ビールが誕生したきっかけは、1994年の酒税法の改正でビール製造免許を取得するのに必要な最低製造量が大きく引き下げられたことでした。この時に全国で一足早くパブを開き、地ビール第一号になったのがエチゴビールでした。日本人に馴染みが薄かったビールスタイルを日本に定着させるために日夜奮闘してきたブルワリー。それぞれのビールがしっかりとした個性を持ち、繊細でバラエティに...

【新潟で誕生した本格的ドイツビール】胎内高原ビールは、ビールの本場ドイツからマイスターを招き、ドイツの厳選された素材を使用してビール造りをするメーカー。この地ビールは、世界で最も愛されている定番ビール、フルーティーな香りと爽やかな味わいのビール、芳醇なコクが特徴的な琥珀色ビールの飲み比べセットです。朝日飯豊連峰から流れ出る良質な天然水とビールの本場ドイツの製造法で醸された新潟自慢のクラフトビール。...

【本格派からフルーツ系まで、型にはまらないビール造り】新潟麦酒の魅力は創造的なビールの数々。ヨーロピアンケルシュなどの本格派から、女性が好むブルーベリー・マンゴーなどのフルーツ素材のビールまで。酵母由来のフルーティーなコク、ほのかに感じる苦み、軽やかな飲み口が最高です。商品はドイツ・ケルン地方の伝統的なビールをアレンジして造りました。本格ビールから女性に人気のフルーツ系まで新潟麦酒のイイトコ詰め込...

諏訪浪漫ビールを醸造している麗人酒造の創業は、江戸中期の寛政元年(1789年)。すでに200年以上の歴史を誇る老舗の蔵元です。諏訪浪漫ビールは、平成11年に醸造を開始。キレのある旨いビールを醸すには、ビール酵母の活動を助けるミネラルを多く含んだ水、「硬水」を仕込み水に使用する必要があります。麗人の井戸水は「軟水」であるため、当地に豊富に湧き出るミネラルの豊富な「上諏訪温泉」をブレンドし、ビールを仕...